AMBER COFFEE

AMBER COFFEE CONCEPT

​小さなカフェだからこそ、できることをやろう。

 

2021年5月にオープンしてから5周年を迎えます。

 

毎年春に、こちらのコンセプトのページを書き足してきたのですが

2020年は更新する気になかなかなれず、

ほぼ一年が過ぎてしまいました。

4年目はロブスタグレーダーに挑戦しましたが、

カッピングでシートに誤記入してしまい1科目落としてしまったので

また次回のチャレンジですね。アラビカグレーダーは

無事更新できました。

 

ロブスタも本当に面白いです。

世の中には想像を超えたロブスタが存在しています。

ファインロブスタを店で使える日が

早く来て欲しいです。

さて、ロブスタグレーダーの試験直後から

新型コロナウイルスというとてつもない敵が

2020年にやってきました。

 

どの業界もダメージを受けたと思います。

もちろんウチもダメージを受けましたが、

いつも使ってくださるお客様が支えてくれて

なんとか頑張ることができました。

ネットで継続的にご注文をくださる遠方のお客様にも

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

遠くの地域でも、自分たちを必要としてくれている方が

いると思えるだけで本当に勇気づけられました。

2021年、5周年を迎えますが、

日々焙煎研究の方も進んできて焙煎の常識を

覆すような面白いデータが取れてきています。

こちらの方も生かしながら

お客様に必要としていただけるように

真剣にコーヒーと向き合い

コーヒー以外の新しいものもどんどん勉強して、

あたらしいアンバーコーヒーをお見せできるように

頑張りたいと思います。

                                                           2021.3.3

 

 

 

 

 

 

 

 

アンバーコーヒーは2019年5月に

オープンから3年を迎えます。

 

たくさんのお客様に支えられてやっとお店らしくなったのかなぁ

なんて思います。

 

オープンの頃から比べるとあまりにもたくさんの変化が

あり、その都度ご迷惑をかけてしまったこともあったかと思います。

今ではうちで働きたいと言ってくれ

実際にスタッフとして頑張ってくれている子もいます。

オープン当初は

 

豆に徹底してこだわり、

また、焙煎したての新鮮な豆だけでコーヒーを入れる、

新鮮な豆を販売をしていこうと決めました。

と宣言したのですが適切な管理によるエイジングに

より明らかに美味しくできることを確認して

やり方を変えることにまでなってしまいました。

 

2017年の10月、Qアラビカグレーダーという

スペシャルティコーヒーを認定することのできる

国際的な資格試験もなんとか

合格できました。

おかげで正しいカッピング方を学び

大幅に当店の豆のラインナップも変わりました。

焙煎機も​

フジローヤルの1キロから

ギーセンW6という

最新鋭のオランダ製の焙煎機に変えました。

お客様のお席も

​8席増え18席​にできました。

たくさんのお客様が僕のお店に来てくれて

支えていただいて

僕自身も

このアンバーコーヒーも

​変わったんだと思います。

これからも良い方向に

変わって、お客様に喜んでいただけるよう

頑張っていきますので

​どうぞよろしくお願いいたします。

以下の文章はオープン当初自分が書いたものです。

多少とんがっていて恥ずかしい気もしますが

当初の持ちをを忘れないように

​残しておこうと思います。

アンバーコーヒーは2016年5月にオープンしたばかりの

小さなカフェです。

 

小中野の住宅街の中にあるためお客様には

どこにあるのか分かりづらいと

よく言われてしまいます。

 

立地的にはあまり恵まれているとは

言い難いかもしれません。

しかし、だからこそわざわざお客様に

来ていただける店にするため、

豆に徹底してこだわり、

また、焙煎したての新鮮な豆だけでコーヒーを入れる、

新鮮な豆を販売をしていこうと決めました。

 

そして、もう一つ他のお店と大きく違うところは、

 

お客様のお好みの焙煎の深さを

 

ご指定いただけるということです。

スタッフとお話ししていただきお客様のお好みにできる限り応えたい、

 

そのため一度に大量に焙煎いたしません。

 

 

大変手間がかかりますが、

逆にそれは小さな店だからこそできること。

 

​一人でも多くのお客様にご満足いただけるように

 

 

努力を続けていきたいと考えております。